On Da Reggae Tip

  • 2008/08/30(土) 01:31:43

On Da Reggae Tip

Hot97主催の『On Da Reggae Tip』のショウを観て来ました。

ハリケーンがジャマイカをかすめ、ディマルコとエレファント・マンがNYに上陸できないという緊急事態が発生。毎年11時までに収めるのに苦労するショウが10時半にあっさり終わっていました。

詳細はWoofin’でレポートしますね。ワイクリフのセットにリル・キムとマシェル・モンターノが飛び入りしたのが今年の見どころ。

今年の『Reggae Gold』にも収録されている“Chiney Wine”のSUN aka Geishaも出て来たのですが、シンガポールの中国系スターが着物もどきの衣装を着て、「パトワだって話せるのよ!」と妙な言葉を喋るのは寒かった。

Sun Hoが本当の芸名でHoがマズいのは分かる(Hoはあばずれ、という意味)。アジア系に対する勘違いをそのまま体現するようなことを言われた通り一生懸命やってしまうのも、クリフと一緒にいたら世界で有名になれる、という意気込みから出ているのだろうとも思う。

彼女は中国語圏ではスペシャル・オリンピックのテーマ・ソングを歌うような大物。好みではないけれど、声もきれい。でも、レゲエも別に好きそうじゃないし、同じアジア系としてはプライドないんかい、と思ってしまいました。

だって、コレよ。



閑話休題。

このショウは毎年必ず(!)パスのドラマがあるのですが、今年も行ったら、フォトパスではない、と言われて目眩。VPの担当者さんが電話で頑張ってくれて、無事にもらったときはすでにセラーニもジュニア・リードも終わっていて、ドッと疲れました。

気分を取り直して、ダセーカ(Daseca)の写真をアップ。



いやぁ、かわいいなぁ。

セラーニ……じゃなくて、ハリシン兄弟のクレイグ(右端)。左からDavid、Serani、Craigってティーム名通りに並んでますね。お兄ちゃんもカッコいいけど、クレイグが歌えたら、「ネクスト・ショーン・ポール!」って大騒ぎするのにねぇ、と悔やむ業界内女子の声は多数。

彼はキーボードを弾きつつ、プロデュースに勤しむ裏方君。

それでも応援しようっと(←ええ、疲れてます)。
元々マイクを握る人より、機材が操れる人に弱いし(←キてます)。

ちなみに、この兄弟は「態度もナイス」というもっぱらの評判です。