世界一美味しい空港ランチ

  • 2008/07/31(木) 12:19:32

ジャマイカ最終日だった30日は;昨日撮った写真のピックアップをし→Music Works / Anchorで某アーティストの撮影をし→Bwoy Beatazzのショップをチェックしながら作戦会議とショッピングをし→Fame FMに取材がてら遊びに行き→仮眠の後、Passa Passaへ。

という、書いているだけで疲労感が蘇ってきそうなスケジュールでした。個々のトピックはそのうち紹介するとして、私の重大問題点について触れます。

これだけ詰め込むと、食事がゆっくり出来ない!!

私は食事を抜くのが大嫌いなので、いざとなったら車中でも食べます。この日はランチがタクシーの中でLivertyのヘルシー・ラップ、ディナーが友達の車の中でKFCでした…。女性として終わってます、はい。

31日が帰国日。空港でドミニカでのショウに向かうT.O.K.のフレックスとアレックスにバッタリ会って、エスキモーからストーカーに無事昇格。

最近、ジャマイカから帰るときにNYへの直行便よりマイアミ経由便を好んでいます。チケットの値段もありますが、

理由1:マイアミの空港の方がイミグレーションの列がずっと短く、いやな思いをする確率が低い(JFKは夜中でも平気で1時間半コースで待たせます)。

理由2:マイアミ空港にはとっても美味しいサンドイッチがあるから 

Junko女王も「世界中の空港の食べ物で、一番美味しい!」と言い切ってくれ、意気投合(世界中の空港全部に行ったことあるの? というツッコミはさておき)。

空港の食べ物は高いくせに味気ない、との常識を覆す、脅威のサンドイッチはこちら。



写真は帰りの便が一緒だった、日・ジャ両方で活躍中のレディース・サウンド、Buddy 45のお二人。マイアミに1泊するとのことで、サンドイッチ・バディになっていただきました。見えづらいですが、マリエ嬢が切り口を見せてくれているのが、ハムとロースト・ポーク、チーズ、ピクルスが入ったキューバン・サンドイッチ。今調べたら、マイアミの名物料理なんですね。しっかりトーストして、中まで温かいのが特徴。これにカフェ・コン・レチェ(カフェラテ)か、エスプレッソを合わせていただきます。

「日本のコンビニにあったら毎日食べる!」とのコメントが飛び出したほどのお味。

マイアミの空港内に何カ所かあるので、このロゴを参考に探して下さい。



店員のおばさま達はみんな英語が怪しいので、嫌みにならない程度に注文を何度か繰り返した方が無難です。

ベンチに座って食べただけですが、マリエちゃんとノブヨちゃんにキングストンのセレクター事情などを教えてもらいながら、久しぶりに楽しい食事ができて幸せでした(私も毒舌を炸裂させましたが)。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する