Reggae Gold 2009

  • 2009/06/19(金) 00:15:46

 恒例『Reagge Gold』の2009年度盤の原稿を書き上げたところです。

 アホな理由で手首をねんざし、3日間くらい指が動かなかったのでどうなるかと思ったのですが、Dr.Caiの鍼灸が効いたらしく、昨日から復活してほんとうに良かったです。

 『Reagge Gold』の記事は1200字と短め。なのですが、昨日書いた5000字のインタヴュー記事とどちらが難しいかと言ったら、じつは同じくらい時間がかかります(単に遅筆、という噂もありますが)。

 レビュー物はリサーチが肝心、最終的に使わない情報でもとりあえず集めるだけ集めないといけないこと、いったん書いた文章をガンガン切る作業があることが時間がかかる理由。

 で、今回は調べているうちに面白い話が出て来ました。

 今年の『Reagge Gold』のアートワークは、ジャマイカ政観の有名なポスターのパロディー。

   

 こちらが元の写真。プリクラ・サイズですみません。
 
 ジャマイカではあちこちで見かけるこのポスター、日本の居酒屋さんにありがちな、永遠に年を取らない演歌歌手がお酒を持っているポスターと同じ存在だとずっと思っていたのですが、サイン入りのがe-bayで落札されたり、美術館に展示されたりするほど価値があるそうです。ポップ・カルチャー・アイコンなわけですね

 さらに、2001年のグリーナーの記事でモデルさんを見つけてしまいました。

 モデルはSintra Arunte-Bronteさん。なんとジャマイカではなくて、トリニダード&トバゴの人で、1972年に現ペガサス・ホテルの前でフォトグラファーにスカウトされたそうで。

 シントラさんは8年前の時点で、まだポスターの女性として気づかれ、しょっちゅうサインを頼まれると発言しています。そりゃすごい。

 現在はトリニダードでツアー会社を旦那さんと経営、トリニダード島とトバゴ島をつなぐ小型飛行機を飛ばしているあたりもゴージャスで、なんとなくいいオチです。

 彼女の名前をつけたボートや競走馬(これって嬉しいかな)、はたまたスイス製腕時計も存在するそう。
 
 確かにあのポスターはインパクト大。あどけない表情と、女性らしい体の線がアンバランスで、ギリギリの線で嫌らしさより健康美を感じさせる絶妙な写真で、同性でも思わずじっと見てしまいます。

 私もこれのパロディー写真を撮ってみようかな。

 半分冗談、半分本気であります。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

ちょっと前からブログチェックさしてもらってます。いろいろレゲエの情報が書いてあって勉強になります。
(^o^)体にきょうつけて頑張ってください。

ありがとうございます!

この前教えてくえれたサイトのおかげで、ようやく借金完済できました!
http://1g8sr4.com/f12/z31ucxw/
明日からギャンブルはほどほどにします(笑)

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する